水虫になったことがない場合、これが水虫だとわからないまま放置していて悪化してしまうということもあります。水虫の疑いがあるなら無視せずに早目に対処していきましょう。

水虫におびえる夫婦

水虫が潜む場所

水虫は、白癬菌というカビの仲間が引き起こす皮膚病で、その90%は足にできます。
白癬菌は、高温多湿の環境と、動物の毛やうろこ、ヒトの皮膚の角質や髪や爪に含まれているケラチンというたんぱく質を好み、30種類以上存在します。
土の中を好む種類や、動物につく種類、ヒトにつく種類があり、足に出来る水虫はヒトを好む白癬菌です。
水虫にかかっている人の皮膚から剥がれ落ちた角質の白癬菌が、角質に傷のある他の人の足の皮膚に入り込んで水虫を起こす、という感染経路が多く、それに蒸れて汚れた環境が加わると、菌が活発に繁殖し始めます。
足といっても白癬菌の潜む場所は人によって異なります。
足の指の間がじゅくじゅく、ぶよぶよするものや、土踏まずに水泡ができてこわれるもの、かかとの皮が厚くなってひび割れてくるものと、大きく3つに分かれます。

また、白癬菌が潜むのは足だけとは限りません。
割合としては少ないけれども、足ではないので水虫だとは思わないものに、手や爪、太ももの内側、頭、体全体に菌が潜む場合があります。
手にできる水虫は足と同じような症状で、手水虫と呼ばれます。
爪に菌がつくと、縦じわができたり白っぽくなります。太ももの内側にできるのはいんきんたむしといい、若い男性に多く非常にかゆいです。
子供に多いのが頭部にできるしらくも。丸く毛が抜けてしまうこともあります。

さらに首や顔を初め、体全体にぽつっと赤いできものができて丸く広がるのが、ぜにたむしです。
しらくもとぜにたむしはペットからもうつります。
白癬菌から身を守るには、タオルやスリッパの共用を避け、皮膚の表面を清潔にして弱酸性に保つようにします。
また、水虫は外用薬で治療することができます。この方法が最もポピュラーで効果的な治療法でしょう。
塗り薬ではニゾラールクリームという医薬品で治療することが可能です。ニゾラールクリームは副作用の少ない抗真菌薬なのでおすすめです。

また、エンペシドクリームというものも効果があります。
エンペシドクリームにはクロトリマゾールが含まれているため、このクロトリマゾールが真菌を殺菌してくれます。
お風呂上がりにこのエンペシドクリームを塗ることで、何日かですぐに症状は引いていきます。