水虫になったことがない場合、これが水虫だとわからないまま放置していて悪化してしまうということもあります。水虫の疑いがあるなら無視せずに早目に対処していきましょう。

水虫におびえる夫婦

春は水虫治療に最も効果がある?

夏が近づくと足の裏や指の間の皮が剥けてきたり、手に水泡ができて痒みを帯びてきたという人は水虫の可能性が高いといえるでしょう。
水虫は男性だけの疾患だというイメージがありますが、油断していると男女問わず水虫になってしまうので普段から予防しておくことが大切です。
水虫はカビ菌のひとつである白癬菌が皮膚に寄生するのですが、水虫になってしまうと完治するまで長い時間の治療が必要になるので厄介です。
特に水虫の症状が現れるのは梅雨から夏にかけてのジメジメとした季節です。
浴室のカビと同様に高温多湿の環境を好むので気温と同時に繁殖スピードが盛んになるのです。
水虫は一年中感染しますが、低温に弱く寒い冬は活動を休止しているだけなので、温かくなれば活動を開始して症状が現れるのです。
皮膚科などで処方される治療薬でも治すことができますが、最近ではドラッグストアなどでも簡単に治療薬が手に入るようになりました。
治療薬を購入して自分で治すには、活動を開始する春から患部に塗るのが効果的です。
夏の暑い季節に発症する場合が多いので、水虫が悪化する前に治療を行うことがベストです。
また、治療薬の使い方を間違ってしまうといつまで経っても完治できないので、治療薬は症状が現れている部分だけ塗るのではなく、幹部と中心として広い範囲で塗ることをお勧めします。
症状が治まったからといって治療薬を塗ることをやめてしまうと、必ず再発するので最低でも3ヶ月から4ヶ月は塗り続けることです。
白癬菌は皮膚の表面だけではなく角質の深い部分まで根を張っているので、途中で止めてしまえば冬を越して来年の春にまた活動を始めます。
完治させるためにも根気よく塗り続けることが大切です。