水虫になったことがない場合、これが水虫だとわからないまま放置していて悪化してしまうということもあります。水虫の疑いがあるなら無視せずに早目に対処していきましょう。

水虫におびえる夫婦

水虫はカビが原因だった!?炭酸泉で改善できる?

足の裏や指の間に痒みが出たり、皮膚がジュクジュクとただれたような症状が出た場合、水虫になっている恐れがあります。
水虫は名前に「虫」という言葉が使われているので、虫が原因で発症すると思われがちです。
ですが実は水虫は虫ではなく、カビが原因で起こる皮膚感染症の1つです。
白癬菌というカビの仲間が皮膚の角質層という部分に入り込み、感染する事で水虫を発症します。
角質層には白癬菌がエサとするケラチンというタンパク質があるので、1度感染してしまうと白癬菌はどんどん増殖してしまいます。
日本人の5人に1人は発症した事があるというデータがある程、水虫は身近な皮膚病です。
これだけ多くの方が発症しているという事もあり、民間療法も数多く存在しています。
炭酸泉につかるというケアも、水虫対策に有効と言われている民間療法の1つです。
シュワシュワとした炭酸泉につかる事で、白癬菌も洗い流されるような感覚がありますが、実際に炭酸泉で完治するのでしょうか?
残念ながら炭酸泉は水虫を予防する事は出来ても、完治は出来ないようです。
白癬菌が潜んでいる角質層には、炭酸泉の有効成分が浸透出来ません。
ですので、予防は可能ですが治す事は出来ないと言われています。
もし、水虫のような症状を感じたら民間療法ではなく、早めに皮膚科を受診しましょう。
白癬菌は自然に死滅する事は無いので、そのまま放置していると症状は悪化するばかりです。
悪化してしまうち2次感染を引き起こし、靴を履けなくなるくらいに痛みを伴うケースもあります。
また治療は遅くなればなるほど、完治までに時間がかかってしまいます。
ですので、早め早めの治療が大切です。
治療は抗真菌成分を配合した、外用薬で行うケースが多いようです。