水虫になったことがない場合、これが水虫だとわからないまま放置していて悪化してしまうということもあります。水虫の疑いがあるなら無視せずに早目に対処していきましょう。

水虫におびえる夫婦

皮膚に異常が出る水虫は真菌の感染が原因だった!

水虫は日本では知らな人はいないと言っても、過言ではない皮膚病の1つです。
実際、5人に1人は経験した事があるというデータがある程、日本人にとっては身近な皮膚病です。
ただ、名前は知っていても、何故起こるのかは知らないという方も、多いのではないでしょうか。
水虫は白癬菌という真菌が、皮膚に感染する事で発症します。
真菌とはカビの事なので、水虫はカビが皮膚に生えているのと同じ状態となるのです。
白癬菌はケラチンというタンパク質を、エサとして増殖します。
皮膚の角質層にはケラチンがあるので、皮膚に白癬菌が付着すると感染してしまいます。
付着しただけで水虫となる事はありませんが、1度角質層に入り込んでしまった場合は水虫となってしまうので注意が必要です。
最初は無症状ですが、感染が広がるにつれ皮膚に様々な異常が現れます。
水虫では特に痒み、皮膚のジュクジュク感、捲れ、小さく赤い水疱が出来るという症状が起こります。
痒みは白癬菌が引き起こしているのではなく、皮膚の奥にまで白癬菌が入り込む事によって、体の防御機能が働く事で感じるようです。
かなり強く激しい痒みに襲われるケースが多く、皮膚を搔き毟ってしまう方も少なくありません。
搔き毟ると傷ができ、そこから雑菌が入り込む事で2次感染を引き起こす事もあります。
たかが水虫として放置してしまいがちですが、悪化してしまうとかなり辛い症状となるので、皮膚に異常を感じたら早めに皮膚科を受診しましょう。
治療は抗真菌成分を配合した、塗り薬で行うのが一般的です。
塗り薬は症状が出ている所だけでなく、その周囲にも塗るようにしましょう。
症状が出ていない所でも白癬菌が、潜んでいる恐れがあります。
広範囲に塗り広げなかった場合、白癬菌を死滅できず症状がぶり返してしまう恐れがあるので、塗り薬は広い範囲に塗り広げましょう。